主婦キャッシングの条件について

主婦がキャッシングを行いたい時には条件があり、働いて収入の流れを持つ主婦と持たない主婦では違いがあるものです。

収入の流れを持つ主婦は金融業者に申込みを行い、審査基準に達していればキャッシング可能になりますが、働いていない主婦ならば選べる金融業者や審査時に必要な要素が変わります。

専業主婦は基本的には無職無収入状態であり、消費者金融では収入の無い主婦は申込みを行えない仕組みになっており、銀行の場合は配偶者収入や婚姻関係を示す書類を提出すると審査に挑む事が可能です。

銀行キャッシングを専業主婦が利用する際の注意点としては、配偶者の収入が返済能力の基準となり、主婦が使い込み過ぎれば配偶者が返済する必要がありますから、利用時には用途を話し合って計画的な利用が必要になります。

専業主婦でもキャッシングが必要な場面はあり、何か急な出費が必要な際にキャッシングサービスを利用出来れば便利です。

銀行では配偶者の返済能力が信用となりキャッシング出来ますから、確実に完済出来る見通しがついた状態での利用が望ましく、返済に負担がかかるような借り入れを避けて、完済に必要な日数や利息負担の総額計算した上で利用すれば安心でしょう。

カードローンの増額!一度減額されていると厳しい!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば、都度審査を受けることなくキャッシングが可能です。契約者の都合に合わせて利用が出来るため、必要な時にスピーディーに利用できるのがメリットです。ですが、利用していくうちに利用限度額が足りなかったり、必要なキャッシングをしたいときに利用限度額がその金額に満たない場合は、増額申請をする毎になります。ですが、増額申請をしても審査があり、必ず増額で出来るものではありません。特に利用期間中に利用限度額の引き下げを受けた場合は増額は厳しくなります。

そもそも、カードローンの取引規約では、融資する側が与信状況に合わせて、限度額の減額が可能になっています。つまり、減額されているということは、少なからず与信状況が悪化しているということになります。一度下がってしまった与信は、元の状態に戻すことが難しくなっています。また、長期に亘り、取引に問題が無いことが重要になります。しばらく期間が経過し、もう大丈夫と考えていても増額出来ないケースが多いため、利用の際は与信を悪化させないように常に注意が必要となります。もし、何度も増額審査を通過出来ない場合は、その他のキャッシング契約やクレジットカードの契約見直しを行い、不要なものは減らすことも肝心です。

即日で利用出来るキャッシングを使う際に押さえておくべき事とは

消費者金融会社は、貸金業法で定められている法律の下で営業しています。消費者金融会社が提供する個人向けの融資サービスであるキャッシングは、貸金業法で義務づけられている総量規制の対象となっており、即日でキャッシングを利用したいユーザーは総量規制について常に意識しておく必要があります。総量規制では、年収の3分の1までが消費者金融会社が消費者に貸す事が出来る限度額の上限としています。
さらに、この上限は、消費者が複数の金融会社からお金を借りている場合、その限度額の総額が年収の3分の1を超えていますと、新規に申し込みをしても受け付けてもらえません。

即日でキャッシングによる融資を受けるには、申し込みを金融会社の早い時間帯に行う事が必要です。その理由は、審査において在籍確認という申込者が提出した申込書の勤務先に実際に申込者が所属しているのかどうかを確認する作業が必ず行われ、それには申込者の勤務先が営業していなければいけないからです。もし、在籍確認が出来ない場合は、勤務先が営業している時間帯に問い合わせをする事になりますので、翌日以降に審査結果が出るという事態になります。審査を通過するには、在籍確認はとても重要な要素ですので、在籍確認が出来る時間帯にキャッシングの申し込みをしておけば、即日融資も十分に可能になってきます。

キャッシングをするとメリットになる点は?

大手の銀行や消費者金融が盛大にキャッシングの宣伝をしているので金欠の状態になっている時に気になってしまう事もあるでしょう。お金を借りる時に金利が発生するので返済する時に利息が加算されるという負担があります。しかし実際にキャッシングをするとメリットになる点もあります。そこでキャッシングをするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・少額だけ借りる事が可能

金欠の状態になっている時は少額だけ必要なので多額の借り入れをする必要がありません。それで銀行や消費者金融でキャッシングをする時は少額から借りる事が可能なので金欠の状態になっている時の対処法としてすごく適しています。

・ネットで申し込む事が出来る

スマホが普及してきた事でどこでもネットを利用する事が出来る時代になっています。それでキャッシングの申込方法もネットが主流になってきています。ネット銀行のカードローンや大手の消費者金融はWEB完結で申し込む事が出来るので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・信用情報に実績が残る

キャッシングをすると信用情報に傷が付くと言われていますが、正しい方法で利用すると実績として履歴が残ります。それで住宅ローンの審査などで返済能力がある人と判断されて有利になる事もあります。

おまとめローンでキャッシングをひとつにまとめる

キャッシングは手軽にお金を借りられるサービスですが、なかには安易な気持ちでキャッシングを繰り返して知らず知らずのうちに多重債務者となってしまう人も少なくはありません。

もちろん、多重債務の状態であったとしても滞ることなく月々の返済ができれば問題はありません。

ただし、多重債務の状態になってしまったときには借金のひとつひとつに利息が発生することになるので、利息の支払いだけでもかなりの負担となってしまいます。

そのため、仮に多重債務の状態となってしまったというときにはおまとめローンでキャッシングによる借金を一本化してしまうことをお勧めします。

そうすることで月々に支払う利息の負担を軽減させることができるようになるからです。

カードローンで借りたお金は自由に使って構わない?

カードローンはフリーキャッシングというカテゴリの借り入れになります。これは借りたお金は自由に使って構わないという意味で、遊びに行くお金や買いたい物を買うお金、もしくは他社への返済の為に使ったとしても、何のお咎めを受けることもありません。ですが、1つだけ利用してはいけない使い道があります。それは、事業系の資金にすることです。

事業系の資金とは、個人で営んでいる事業の運転資金にすることです。いくらカードローンの使い道が自由とは言っても、それだけには利用できません。この場合は別の事業系ローンと呼ばれる契約で借りる必要があります。

カードローンを提供している消費者金融や銀行では事業系ローンも取り扱っていることが多く、事業系の資金にしたい場合にはこちらを契約しましょう。ただし、カードローンのように比較的簡単に契約ができる訳ではなく、申込み時に確かに事業を営んでいる証拠として登記事項証明書や登記簿謄本が必要になり、事業としての決算書や確定申告書も提出になります。(厳密な必要書類は利用する会社によって異なります)

この事業系ローンとして借りたお金は事業の資金として使えるだけでなく、原則的に生活費として使っても構いません。つまり、個人事業主がキャッシングを利用する際には個人としてカードローンのようなフリーキャッシングを契約するのではなく、事業系ローンを契約する方が便利です。

また、事業系ローンは総量規制の対象外という点も挙げられます。フリーキャッシングのように年収の1/3までという上限が無いので、個人事業主が事業に使うお金を借りたい時にはこの事業系ローンを利用しましょう。

中には事業系ローンでもカードローン形式で、ATMから自由に借り入れや返済が行える場合があります。この場合はカードローンと使い勝手は変わらないので、事業系ローンを利用する時にはカードローンとして使うことができるかを確認してから申込みを行うと、後々の利用がとても便利なのは言うまでもありません。

総量規制対象外なら銀行カードローン

総量規制対象外になるキャッシングを探している人は、銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

総量規制は貸金業法という法律で決められているルールなので、消費者金融のキャッシングは基本的に総量規制の対象になります。

消費者金融にも総量規制対象外のおまとめローンなどがあることもありますが、おまとめローンはすでに借りている借金を一本化するためのローンです。

カードを発行してATMから自由に借りるという利用方法はできないことに注意してください。

使いみち自由で自由に借りることができて、総量規制対象外のフリーローンといえば、銀行カードローンということになります。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査は早くないですが、金利が低いというメリットもあります。

銀行ローンは本当に審査が厳しいのか

銀行ローンとは銀行本体が直接融資するもので、消費者金融のローンなどに比べて金利が低く、融資限度額も多いのが特徴です。しかし、世間では銀行ローンの審査は厳しいと言われているので、他に借金や滞納、遅滞などがある人はなかなか申し込みしにくいかもしれません。

近年の銀行は変わってきていて、小口融資でも積極的に行っています。テレビのCMなどでも銀行のカードローンが多く流れていて、消費者金融のカードローンより銀行のカードローンの方が、ローン残高が高くなっています。それだけ銀行もカードローンに力を入れているということです。世間が言っているほど銀行ローンの審査は厳しいのかというとそこまで厳しくありません。実際の銀行ローンの審査は、審査項目が多いだけです。確かに消費者金融よりは審査を厳しくしていますが、銀行が一番審査のポイントにしているのは「他社からの借り入れ状況」です。何社借り入れしていて、どのくらいの金額を借り入れしているのかを審査の判断にされます。自分の経験上では、3社以上他社から借り入れしているとどこの銀行も審査で落ちました。

銀行ローンの審査基準は「申込者はちゃんと返済してくれるのか」というものになるので、滞納、遅滞などを1度でも起こしている人、複数の金融機関から借り入れしている人には審査は厳しいです。しかし、消費者金融なら審査に通るところもあったりするので、銀行ローンの審査は厳しいのかもしれません。

アルバイトでもキャッシングできる!借入するために大事なポイントとは

一般的に借入しやすいのは正規職だといわれます。キャッシングも借入の一種ですから、もちろん正社員の方など審査には受かりやすいものの、アルバイトでも十分に利用はできます。

なぜかというと、キャッシングでは年収の高さを求められないからです。このサービスは住宅ローンのように何千万円も借りるサービスではありません。キャッシングはもっと少額から借りれるサービスで、1万円だけ、1千円だけといった利用もできます。

これくらいの金額なら、月収10万円程度のアルバイトでも十分に返済できます。ですからアルバイトだというだけで、キャッシングの審査に落ちることはありません。

審査のときに大事なのは、そのアルバイトの勤続年数です。すでに1年以上続けているアルバイトがあれば、定期収入による返済能力があると判断され、年収に合っている範囲でキャッシングを使えることが多いのです。

このようにアルバイトでもキャッシングは使えますから、お金に困ることがあれば利用を考えてみるといいでしょう。ただし、やはり正社員職などに比べると、どうしても年収が低いことが多いため、高額借入は難しいことが多いです。

たとえば年収が100万円くらいなら、キャッシングで借りれる金額は30万円ほどが限度になります。これくらいの金額を目安に利用を考えてください。

銀行カードローンの審査は厳しくなるのか

銀行カードローンの審査が厳しくなると言われています。2016年に表面化した銀行カードローンの過剰融資問題が自己破産申請者数の増加をもたらしたとされることから、大きな社会問題になったのです。全国銀行協会では、各銀行に自主規制を取るように要請するという事態に発展しました。

わかっている主な自主規制を見てみると、メガバンクなどでは年収の2分の一までにしていた融資限度額を年収の三分の一までに制限するとか、貸付の際に要求する収入証明書を低い融資額からにすることなどです。はっきりといいますと、それは2010年に貸金業法に導入された総量規制と全く同レベルの自主規制であり、自主規制が金融庁の規制を逃れるためにポーズを取っていると言ってもいいでしょう。それほど総量規制に効果があるのならば、銀行法にも総量規制を導入すればいいことで、銀行側としては自主規制として総量規制の同レベルのことをしているので、銀行法の改正は必要ないということを訴えたいのでしょう。おそらくはメガバンクの他の銀行では自主規制はほとんど手を付けないと思われますから、メガバンク以外の銀行で銀行カードローンは借入のチャンスであるといえるかもしれません。