上手な使い方」カテゴリーアーカイブ

初めての方のために上手な返済方法教えます

キャッシングの際、借りるまでは無利息サービスや低金利の金融機関を探す努力はするのに、返済で失敗して利息以上の手数料を支払うはめになることもあります。そこで上手な返済の仕方をお教えします。

まず返済日を選択できるなら、なるべく給料日の直後にしましょう。なるべく余裕のあるうちに返済します。そして返済方法は口座振替にします。これなら手数料はかかりませんし、返済し忘れることはありません。延滞金の金利は年20%も取られるので馬鹿らしいです。しかしほとんどの金融機関で口座振替を申し込んでも、反映されるまで数日から数ヶ月かかります。ですから反映されるまでは、自ら返済を行う必要があるのです。

インターネットバンキングを利用できる金融機関なら、インターネットバンキングで返済するのが一番です。手数料はかかりませんし、24時間いつでも返済できます。インターネットバンキングが無理なら、ATMか銀行振込になります。ATMは当該金融機関のATMがお近くにあるなら、手数料無料で返済できるので問題ありません。しかし提携ATMの手数料が有料の場合は、やむを得ない場合を除いて止めるべきです。最大216円もかかるので、正直無駄です。さらに銀行振込は他行宛の振込なら手数料が高額になります。ネット銀行の手数料無料で振込できる方以外は、こちらもやむを得ない場合を除いて止めるべきです。

このように返済方法は口座振替が一番オススメです。そして手続きが完了するまでの間も、できるだけ手数料がかからない返済方法を選択する必要があります。

キャッシングを上手に利用しよう

急に現金が必要になった時などキャッシングやカードローンは便利な利用方法ですが、

使い方を間違えたら大変なことになります。

お金が必要な時に、欲しいものを購入できる手段として考えているなら非常に危険です。

まずクレジットカードのキャッシングは金利が割高です。リボルビング払いの利息も次いで割高です。

一度でも残高不足で不払いをだすとブラックリストに載って、新しいカードが作れません。

数年間ローンが借りられないという可能性もあります。

様々な業者があるので借りる際は金利はいくらか、

月の返済額などきちんと調べ計画してからにしましょう。

うまくキャッシングを生活に利用するなら、10万円以内に抑えて支払いが長期化しないように1回払いで利用しましょう。

分割払いを使うなら毎月の生活費の中から予算を立てて、支払いに無理がないか検討することが大切です。

キャッシングは便利な反面、どういうものか知識を身に着けておくのがいいでしょう。

万が一キャッシングをしたら一日も早く全額を返済してしまうことです。

キャッシング、自分でルールをきめて上手に使う

急に入用になる、誰にでもあることで、
そんなときキャッシングは本当に便利です。

銀行系、信販系、消費者金融系、キャッシングカードには種類がありますが、
とりあえず1枚つくっておくと便利で使い勝手があります。

という私も、ここまでたどり着くには紆余曲折ありました。

大卒後、社会人になったはいいものの慣れない仕事にストレスがたまり、
ショッピングでウサ晴らししていた時期がありました。

お金が足りなくなったら、キャッシングも利用していました。

すると毎月おそろしい請求が来るようになりました。

ボーナスで何とか精算しましたが、借金が雪だるま式に膨らんでいくというのは
、このことだと思いました。

これをきっかけにお金の使い方には気をつけるようになり、今はパート主婦。

家計を任されています。

キャッシングは便利ですが、自分の中で一定のルールを決めて使っています。

冠婚葬祭や親族の医療・介護費、子どもの教育(クラブ活動)など、
急でなおかつ現金ですぐに支払わなくてはならない出費に限り、
キャッシングカードを使っています。

借りたらすぐ返済の見込みを計算し、短期間で返済するようにしています。

自分が女子会に出かけたりする交際費や贅沢品の購入には
一切キャッシングしないようにしています。