審査について」カテゴリーアーカイブ

総量規制対象外なら銀行カードローン

総量規制対象外になるキャッシングを探している人は、銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

総量規制は貸金業法という法律で決められているルールなので、消費者金融のキャッシングは基本的に総量規制の対象になります。

消費者金融にも総量規制対象外のおまとめローンなどがあることもありますが、おまとめローンはすでに借りている借金を一本化するためのローンです。

カードを発行してATMから自由に借りるという利用方法はできないことに注意してください。

使いみち自由で自由に借りることができて、総量規制対象外のフリーローンといえば、銀行カードローンということになります。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査は早くないですが、金利が低いというメリットもあります。

銀行ローンは本当に審査が厳しいのか

銀行ローンとは銀行本体が直接融資するもので、消費者金融のローンなどに比べて金利が低く、融資限度額も多いのが特徴です。しかし、世間では銀行ローンの審査は厳しいと言われているので、他に借金や滞納、遅滞などがある人はなかなか申し込みしにくいかもしれません。

近年の銀行は変わってきていて、小口融資でも積極的に行っています。テレビのCMなどでも銀行のカードローンが多く流れていて、消費者金融のカードローンより銀行のカードローンの方が、ローン残高が高くなっています。それだけ銀行もカードローンに力を入れているということです。世間が言っているほど銀行ローンの審査は厳しいのかというとそこまで厳しくありません。実際の銀行ローンの審査は、審査項目が多いだけです。確かに消費者金融よりは審査を厳しくしていますが、銀行が一番審査のポイントにしているのは「他社からの借り入れ状況」です。何社借り入れしていて、どのくらいの金額を借り入れしているのかを審査の判断にされます。自分の経験上では、3社以上他社から借り入れしているとどこの銀行も審査で落ちました。

銀行ローンの審査基準は「申込者はちゃんと返済してくれるのか」というものになるので、滞納、遅滞などを1度でも起こしている人、複数の金融機関から借り入れしている人には審査は厳しいです。しかし、消費者金融なら審査に通るところもあったりするので、銀行ローンの審査は厳しいのかもしれません。

キャッシング申込時の審査について

キャッシングを申し込むとき、審査というものがあります。

お金を貸す立場からすれば、貸付ける金額の返済能力があるかどうかを、見極める必要があります。

キャッシングの審査基準や審査内容は、各社毎に異なります。

審査が最も厳しいのは銀行系です。逆にもっともゆるいのが消費者金融です。

審査の基準となるのは、借りたい金額と年収から返済可能かどうかを基準に審査が行われます。

金融機関は、顧客の情報を共有していますので、ブラックリスト等に載っているとどこへ行ってもお金を貸してくれるところはありません。

無審査でお金を貸してくれると謳っている業者は、簡単に借りれる反面、利息が高く、

返済できなかったときのことを考えると相当な覚悟を持ったほうがよいでしょう。

生命保険会社でも加入している生命保険を担保にキャッシングが可能です。

掛け捨て型ではない生命保険に加入している場合、その生命保険会社からキャッシングができます。

加入している生命保険が担保となるため、回収不能となることがなく審査がありません。

信用状況に不安を感じるなら信販会社系の保証会社は避けるべき!

カードローンたフリーローンといったキャッシング契約をする際、一番心配なことは信用状況に問題が無いかどうかということです。そして、金利の低い銀行ローンの場合、保証委託先の会社が信販会社系と消費者金融系になっており、どちらが信用度を重視するのか気になることです。

もし、信用状況に不安を抱える場合、金融事故の事実が無かったとしても信販会社系の保証会社は避けるのがおすすめです。信販会社系の保証会社は、クレジットカードの利用状況を確認し、より審査が厳しく行われます。また、保証会社が発行しているクレジットカードを所有している場合または過去に所有していた場合は、申し込みを避けるのがおすすめです。

クレジットカードと銀行カードローンの保証委託先が同じ場合、クレジットカードの利用状況を全て把握されてしまうため、過去に毎月の返済遅延があった場合は審査上で不利になります。個人信用情報では金融事故情報が抹消されていても、信販会社は独自のデータベースで顧客情報を管理しており、簡単に情報を検索出来てしまいます。

特にクレジットカードの場合は、消費者金融のカードローンに比べ契約する方も多く、大手信販会社を選ぶ傾向にあります。そのため、クレジットカードの情報が不利になる可能性が高いため、不安に思った際は保証会社が消費者金融系のカードローンを選択するのが無難です。

キャッシング 本人確認と在籍確認

キャッシングをする際に気になることのひとつが本人確認だと思います。

家に電話がかかってくるのか、職場に電話がかかってくるのか、どちらにしても借金をするという点で世間体が気になる方は多いでしょう。

ここでは、私が実際に三社のキャッシングをして体験した本人確認について、そのうちのひとつを紹介したいと思います。

アコムの場合

CMでもお馴染み、アコムでの審査と本人確認についてです。

初めてのアコムというフレーズの通り、キャッシング経験のない人にとってアコムの審査は比較的寛大と言えるでしょう。フリーターや主婦、学生でもアルバイトまたはパートとして働き安定した収入があればほとんどの人が審査に通ります。

問題は本人確認です。アコムの場合、家庭への本人確認をすることはほとんどありませんが、職場への在籍確認の電話が必須となります。ですが安心してください。在籍確認する場合、アコムという会社名は言いません。というより言ってはいけない決まりなのです。したがってアコムでは電話での在籍確認をする際にオペレーターが「◯◯という者ですが、◯◯様はいらっしゃいますか?」といった感じで個人から個人への電話として処理してくれます。この時に本人が職場にいるいないに関わらず、その職場に勤めていることがわかれば在籍確認が終了するので、あの人キャッシングをしているという事実が周囲にバレにくいです。また、この方法はクレジットカードの在籍確認と同じ方法なので、もしキャッシングをしているとバレそうになった場合はクレジットカードの審査をしてもらっているという嘘の口実もできます。

それでも、キャッシングの在籍確認に抵抗がある人はいるでしょう。その場合アコムでは本人が職場で社会保険に入っている場合、保険証を提出することで在籍確認が終了となります。この方法なら家庭にも職場にもバレることなく審査が終了して無事にお金を借りることができます。借入限度額が10万程度の低額の融資ならこの方法でほぼ間違いなく大丈夫でしょう。

しかしながら、多額の借入の場合は電話での在籍確認が避けられない場合がほとんどです。そして、借入限度額に関係なく電話がかかってくる時間帯を細かく指定することはできません。「営業時間が10~19時なのでその時間に電話してください。」といった要望なら応えてくれますが、「12~13時の間に電話してください。」という細かい要望には応えてくれないのです。つまり、自分が必ず電話を取れる時間に電話をかけてもらうということはできないのです。

キャッシングの際に電話が職場にかかってくることが避けられない場合は直属の上司等にきちんと話を通しておかないと、キャッシングのせいで職場に居づらくなることもあり得るのでその点は充分に注意しましょう。

増額申込みできるタイミングとは?

キャッシングにつきものの限度額。申し込みをした時は、その限度額で十分だと思っていた人や審査の事を考え限度額を低めに設定した人などもいると思います。そんな人に中には、利用するにつれ、限度額の増額をしたいと思い始める人も少なくありません。

しかし、そう簡単に行う事が難しい、限度額の増額。では、実際、どのようなタイミングで増額を行う事ができるのかと言うと、まず、安定した利用記録の有無になってきます。滞納や延滞などをした事がない事は、もちろんの事、定期的な利用も必要になってきます。数回しか、利用したことがない人より、数十回、借り入れ、返済を行っている人の方が信用度が高くなってくるのです。期間で言うと、一般的には半年以上の利用記録が必要となり、出来る事なら1年以上の利用記録が望ましいと言われています。

その際、忘れてはいけないのが消費金融の場合、年収に対する借入金の割合です。限度額は、あくまでも年収の1/3以下になる事が絶対条件になってくるからです。それ以上の限度額の総額を希望しても、決して限度額を増額する事は出来ません。

このように、限度申込みのタイミングと言うと、まずは、最低でも半年以上の利用記録が必要で、出来る事なら1年以上の利用記録が望ましいと言う事。その間は、もちろん、延滞や滞納などの記録が一切なく、きちんと借入、返済を行っていると言う事になってきます。

中には、長期に渡り、利用する事で、向こうの方から増額の案内をもらう事もあります。

総量規制対象外のキャッシングについて

消費者金融や信販会社のいわゆる貸金業者のキャッシングは、銀行系とは異なるルールが設定されています。具体的に言いますと総量規制です。これは借り入れ総額が他社を含めて年収の3分の1までに制限されるというものです。この辺りはご存知の方も多いと思いますが、実は総量規制対象外となるキャッシングもあるのです。

まずはおまとめローン、または借り換えローンと呼ばれるものです。複数にまたがる借金を一本化する方法で、どちらかと言いますと銀行が展開しているサービスというイメージがあります。ところが消費者金融でも提供している場合があるのです。内容的には銀行と実質的に変わりありません。

ここで気になるのが総量規制ですが、おまとめローンの場合は年収の3分の1を超えても構わないという特例が法律上で認められているのです。おまとめローンは返済額が軽減されますので、ある意味で消費者に対する救済措置ですね。また、その意味では配偶者貸付も同様の措置と言えます。

配偶者の年収と合算した額を自分の年収として申告出来るというものです。こちらも総量規制対象外となりますが、実施している業者が少ないという点と、本人に安定的な収入があるという条件が設定されている場合が多いです。

キャッシングする理由って?

キャッシングは基本的にはお金を借りる事ではあるのですが、利息の返還額が普通にローンを組むより高くなってしまうのです。ではなぜこのようなキャッシングを利用するのでしょうか?

【簡単にお金を借りられる】
キャッシングは借りたい時に借りられるというメリットがあるから使う人は結構いるのではないでしょうか?給料日前でお金がなくどうしても使いたい時、お金をすぐに貸してくれるといったらまぁ借りてしまう人もいるでしょう。そして大体は1週間~2週間であれば利息が付かない事もあるのです。ていう事は実質無金利という事ですのですぐに返せる人にはオススメかもしれません

【金額の限度額が緩めに設定されている】
銀行などに行き、お金を借りたいと思った時、年収や年齢など様々な要素を加味され限度額が決まってしまう場合もあると思いますが、キャッシングは無人機によるサービスなどもあるため借りたいだけお金を借りられるというメリットがあるかと思います。返せるあてがあるのなら、これはとても良いサービスと言えるのではないでしょうか。

上記であげたのはメリットばかりですが、もちろんデメリットもあると思います。お金を返せなかった場合利息がほぼ青天井のようになってしまったりするのでしょうが、さすがにそこまでなる人は一部の方だけだと思います。基本的にはキャッシングはお金をすぐに借りたい人にはオススメであると言えます。

ネットでの申込みも即日融資OKです

キャッシングを利用する際は、申込みをして、審査をする事になりますが、今は、ほとんどキャッシング業者は、ネットを使った申込みを、簡単にできるようになっているので、利用者が、わざわざ消費者金融の店舗まで足を運ばなくてもいいようになっています。

消費者金融でお金を借りたい人の中には、店舗や、無人受付機などを利用すると、人目が気になり、躊躇してしまう方がいるようなので、消費者金融は、そのような方にも借りやすいように、このようなサービスを展開するようになりました。

またそのような方以外でも、ネットを使った申込みは、オンラインの環境なら、24時間、どこでも申込む事が可能なので、忙しい人にとっても、非常に便利なサービスと言えます。

最近の消費者金融では、即日融資が当たり前になっていますが、ネットで申込む場合でも、店舗や、無人受付機などと同じように、スピーディーにキャッシングが利用できるようになるので、急いでいる方も、安心して利用できるのでは、ないでしょうか。

このようにネットと、消費者金融を連携させる事で、利用者に多くの、メリットが生まれています。

お金の融資を受けたい利用者に、安心と、快適さを提供したいという消費者金融の思いが伝わってくるのではないでしょうか。

水商売の審査ってどうするの?

水商売というとイメージ的に審査には通りづらいといった感じがあるのですが、実際のところはどうなんでしょうか?

消費者金融の審査では、水商売だからといって特別不利になることはないようです。
一般的な派遣やアルバイトと同じような扱いになるみたいですね。

なので、勤続年数や収入をみて総合的に判断するという感じのようです。

ところが、実際にお金を借りにくる水商売の人のなかには、審査に通りづらいと思ってか、ウソの申告をする人がいるようです。
例えば、アリバイ会社を使って在籍確認をとらせたりするケースがあるみたいです。

こうした、虚偽の申告はバレた時点で審査は不可になってしまいます。

水商売であることを隠しているより、正直に申告したほうが、パスする確率は高いと思います。