申込みについて」カテゴリーアーカイブ

キャッシングをする前にまず比較してみよう

急にお金が入用になった、お給料日までちょっと足りない

なんていう時に頼りになるのがキャッシングです。

しかし、キャッシングといっても、金融機関はたくさんあって、

それぞれ資格や上限金額、利息などが異なります。

少額であっても、キャッシングするということはお金を借りることなので、

安易にキャッシングをするのではなく、まずはネットを活用して比較をして見ましょう。

キャッシングの金融機関を比較するのはとても簡単。

「キャッシング」「比較」というキーワードで検索すると様々な比較サイトが出てきます。

どんなことで比較するのかといえば、

①限度額、②審査日数、③振込みまでの時間、④借入/返済方法、⑤金融機関などになります。

その他、利用する目的によって、

①即日振込の可不可、②収入証明の必要の有無、③利息の有無、④女性向け

などから検索して比較することなどもできます。

最近ではネット申し込みで振込みまでを済ませることのできる金融機関や

即日振込をしてくれる金融機関などサービスの幅が広くなっています。

ただし、条件が難しくなく借りやすい金融機関の場合、

高い利息であったり、簡単なだけに借り過ぎてしまうというケースも少なくありません。

キャッシングの金融機関を比較する際には、

自分にとってあまりにも条件が良過ぎないかなど疑うくらいの気持ちになって、

安心して利用できる信用できる機関を探して、利用する様にしましょう。

カードローン会社を活用することは

カードローン業者というのは、いくつもあります。カードローン会社をよく探して、どこからカードを発行してもらうのか、ということをよくよく考えた方が良いでしょう。では、どのようなことを比較するべきなのか、ということになりますが、それが金利になります。

つまりは、いくらの金利で貸してくれるのか、利息はどの程度になるのか、ということを知るべきなのです。それこそがまさに比較するべきところであるといえるでしょう。カードローン会社の審査というのは色々とありますがとにかくまずは発行してもらうことができるのか、という点もポイントもあります。

どんなに金利が安いからといって発行してくれないのであれば意味がないわけです。その点から考える人もいます。つまりは、少しでも審査のハードルが低いところにして、とりあえずカードが欲しい、借りることができるようにしたほうがよいと考える人もいますし、それはそれでありな考え方になります。

どこに重きを置くのか、ということがその人によって違うのは確かでしょう。カードローン業者は沢山ありますから、やはりしっかりと比較するとよいでしょう。少しでも条件が良いところがあればそこに発行してもらうとよいです。

自動契約機で申し込む時に必ず持参するもの

消費者金融に申し込む時は自動契約機で申し込みますが、自動契約機で申し込む時に必ず持参しなければいけないものがあります。もし忘れてしまうと申し込みをする事が出来ませんので注意が必要です。

まず必ず必要なのでが本人確認証明書です。本人確認証明書として利用出来るのは運転免許証、健康保険証、パスポートです。主に運転免許証にする人が多いですが、運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートで本人確認証明書として提出します。しかし業者によっては運転免許証以外は適用外になってしまう場合もあるので、申し込む前にその業者はどうなのかをしっかり確認しておく必要があります。

希望借入額は人それぞれ違いますが50万円を超える場合だと本人確認証明書の他に収入証明書が必要となってきます。収入証明書として利用出来るのは源泉徴収票、確定申告書、最新2ヶ月分の給与明細書です。希望借入額が50万円を超える場合は必ず用意しておきましょう。

自動契約機で申し込む人はすぐにお金を借りたい人なので即日融資に対応してくれる事を望んでいます。そのため必要書類の忘れてしまうと申し込む事が出来なくなるので自動契約機に出向く前に本人確認証明書と収入証明書を持ったか確認しておきましょう。

銀行カードローンで借り入れをするメリット

人がキャッシングを利用することができる金融機関として銀行と消費者金融があげられます。どちらの業者も借り入れをするのに便利な業者でありますが、最近では銀行カードローンを利用してキャッシングをする人が増えています。その理由として銀行を利用してお金の借り入れをしたほうがメリットがあるからです。

そこで銀行カードローンで借り入れをするメリットとしてどのようなことがあげられるのかというとまず収入のない人や不安定な収入な人でも借り入れすることができるということです。消費者金融は総量規制が適用されることになるので、収入が少ない人は審査に通過できないことがありますが、銀行の場合はこの規制の対象外なので、より審査に通過しやすいです。

次に銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利で最高設定限度額も高くなっています。数万円のキャッシングをする場合消費者金融の場合は年18%の金利であるのに対し、銀行の場合は14%程度です。また設定できる限度額も銀行は800万円から1000万円というところもあり、消費者金融よりも高額です。

それからお金の管理を一つの銀行でまとめることができることもメリットです。ほとんどの人は日々の生活で銀行を利用しているので、普段利用している銀行のカードローンを利用することによって、楽にお金の管理ができます。

キャッシングは学生でも利用できますよ

学生だって急にお金が必要になってしまうケースがありますよね?

キャッシングのイメージとして学生は申し込み対象外という風に思っている方は多いかと思います。

確かに学生専門のキャッシング業者というのはありますが、あまり聞いたことが無い業者だとちょっと不安ですよね?

実は多くの大手業者が今は学生でもキャッシング申し込みをすることが出来るのです。

条件は20歳以上であることと、アルバイトやパートでの収入があることですよ。

ほんの一部だけ紹介しますが、まずはプロミスです。

一定の収入があれば大丈夫で、初めての申し込みであれば30日間無利息で借りることも出来ます。

つまりはコンビニATMでお金を引き出すよりもオトクになるということですよ。

次はアコムです。コマーシャルでも学生がカードを持っているというシーンがありますが、もちろんお申し込みが可能だからです。

しかも、アコムは独自のショッピングカードを作ることが出来、年会費無料でアコムマスターカードを所持可能です。

もう1つはモビット。大人の業者というイメージがあるかもしれませんが、実は学生もお申し込みが可能。

なんとWeb完結という他社には無いサービスがあり、一定の条件を満たせば電話確認や書類の郵送などが一切無しです。

プライバシーが気になるという方はぜひチェックを。

このように、キャッシングは学生でも安心して利用できますが、くれぐれも使いすぎには注意して無理のない返済を心がけてください。

上手に使えば1枚持っていると、きっとピンチの時に役立つカードになることでしょう。

レイクで即日振込

お金が必要な時に、どの程度のキャッシングが出来るのか目安を先に知りたい時があります。そういう時は、ネットで申し込みが出来るレイクを利用してみます。

レイクでキャッシングをしたいと考えた時に、まずはネットで診断してみると良いです。スピード審査がレイクのポイントで、審査結果が申し込み当日には分かります。

これなら急いでいる時に、借りられるかどうかも分かりますし、審査に合格したら当日中に即日振込も完了してくれるので、助かります。

即日振込をするのに必要な書類は、申し込み時の本人確認書類だけです。特に郵送で何かを送る必要はありませんし、ネットで振込の手続きも出来ます。つまり何かの引き落としの残高不足になって当日中に再振がある場合は、レイクで即日振込の審査が通れば、ネットで振り込まれた金額をすぐにネットで残高不足になった口座へ入金することも出来ます。

ネットで全てが完結すると、このようにお金が足りない時に本当に役立ちます。実質借入れ出来る金額は個人ごとに審査結果が違うのですが、1万円以上が融資金額です。最高額は500万円迄となっていますが、平均的に50万前後が基準です。

最大の魅力は即日融資。

キャッシングをする時に一番悩む点というのは本当は何なのでしょうか。

一番を重要視するのは借り易さではないでしょうか?

そう言う点では大手消費者金融会社のウェブ完結が一番利用し易いと思います。

スマホやネットで申し込み、その日のうちに融資が受けられるというのは借りた側に
とって一番重視するポイントだと思います。

私は先月キャッシングをしようと思い数社をピックアップしました。

アコムやレイクモ、ビットまたは銀行系の消費者金融もありましたが、
私はレイクを選びました。

決め手はスマホで完結のCMを見たからで一番早そうだったからです。

審査も、スマホ画面での入力完了から約20分でオペレーターの方から電話がかかって融資OKですよとの回答がありました。
銀行のカードローンに申し込めば、1週間はかかるのが当たり前です。

何より、審査が厳しいゆえに時間がかかりすぎなのです。

そうなるとお金が欲しいタイミングで借りれないという、もどかしい結果になります。

しかし、消費者金融では申し込みすると長くても30分程で最初の回答があり融資OKであればそこから融資までも早く、欲しいタイミングで借り入れが出来るという魅力があります。

即日キャッシングは消費者にとって最大のメリットではないでしょうか。

プロミスの便利なWEB契約

三井住友銀行グループの「プロミス」のキャッシングは初めての方でも安心して利用できるようになっています。

初めての利用の場合には30日間無利息サービスを行っているので、この期間は借入した金額の利息を支払うことがないのです。

とてもお得なサービスであり、30日以内に返却すればまったく利息を払うことなく利用できるという事になります。

プロミスでは様々な方法で申込みを行っていますが、その中でもインターネットを利用したWEB契約申込みであれば24時間365日受付を行っていますので空いた時間にいつでも申込みすることができるのです。

9:00~20:00の審査時間内に申込みをすると早ければ30分で審査の連絡がきます。

本人確認書類などの必要書類の提出を行う必要があるのですが、WEB契約の場合であれば携帯電話などのカメラを使って撮影し、画像を指定のメールアドレスに添付して送付したり、またスマートフォンの場合であればアプリを利用して送付することもできるのです。

WEB契約であれば契約内容を確認した後に融資金額を口座に振込してくれるのです。

このようにプロミスのWEB契約を利用すると一度も外出することなく、申込みから融資まで受けることが出来るのでとても便利です。

 

今日中にお金が必要にな方に

色んな理由はあるとは思いますが、急いでお金を借りたいというシチュエーションはそれなりにあるんだと思います。

そんなときに頼りになるのがキャッシングサービスです。

ひとくちにキャッシングといってもその特徴は様々で利用者が都合いいキャッシングを選べる環境にあります。

たとえば、その日のうちに借りることができる即日キャッシングにも業者によって特色があります。
じっくり比較検討して選ぶようにしましょう。

基本的に金利が安いほうが審査は厳しめだと思って間違いないと思います。

また、大手のキャッシング会社に落ちてしまうようなら中堅のキャッシング会社に申し込みしてみるのも手です。
中堅のメリットは審査のハードルが低いことにありますが、借りた後の利便性は大手の会社と比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

本当にこれだけ?キャッシングの必要書類

大手の消費者金融にしても銀行カードローンにしても小口のキャッシングで必要になる書類は本人確認ができる書類だけなんです。

具体的に小口とは50万円以下の金額を指すことが多いようです。
また、本人確認の書類は、身分を証明する書類になんのですが、一般的には運転免許証を提示する人が多いようです。

また、健康保険証も有効です。
実は、あまり知られていないようですが、本人確認の書類として保険証を提示するときに審査に有利になるものがあります。

それは、社会保険や組合保険の加入者です。

これらの保険証は大企業や公務員などの勤務の人が利用しているからなんです。

国民健康保険の場合は、自営業者やパートなどの人が加入しているので収入面では、それほど余裕があるわけではないので審査において加点されることはありません。

ただ、あくまでも加点されないだけでマイナスというわけではありせん。
あくまでも本人確認の書類だということに変わりありません。