月別アーカイブ: 6月 2014

今日中にお金が必要にな方に

色んな理由はあるとは思いますが、急いでお金を借りたいというシチュエーションはそれなりにあるんだと思います。

そんなときに頼りになるのがキャッシングサービスです。

ひとくちにキャッシングといってもその特徴は様々で利用者が都合いいキャッシングを選べる環境にあります。

たとえば、その日のうちに借りることができる即日キャッシングにも業者によって特色があります。
じっくり比較検討して選ぶようにしましょう。

基本的に金利が安いほうが審査は厳しめだと思って間違いないと思います。

また、大手のキャッシング会社に落ちてしまうようなら中堅のキャッシング会社に申し込みしてみるのも手です。
中堅のメリットは審査のハードルが低いことにありますが、借りた後の利便性は大手の会社と比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

水商売の審査ってどうするの?

水商売というとイメージ的に審査には通りづらいといった感じがあるのですが、実際のところはどうなんでしょうか?

消費者金融の審査では、水商売だからといって特別不利になることはないようです。
一般的な派遣やアルバイトと同じような扱いになるみたいですね。

なので、勤続年数や収入をみて総合的に判断するという感じのようです。

ところが、実際にお金を借りにくる水商売の人のなかには、審査に通りづらいと思ってか、ウソの申告をする人がいるようです。
例えば、アリバイ会社を使って在籍確認をとらせたりするケースがあるみたいです。

こうした、虚偽の申告はバレた時点で審査は不可になってしまいます。

水商売であることを隠しているより、正直に申告したほうが、パスする確率は高いと思います。

キャッシング、自分でルールをきめて上手に使う

急に入用になる、誰にでもあることで、
そんなときキャッシングは本当に便利です。

銀行系、信販系、消費者金融系、キャッシングカードには種類がありますが、
とりあえず1枚つくっておくと便利で使い勝手があります。

という私も、ここまでたどり着くには紆余曲折ありました。

大卒後、社会人になったはいいものの慣れない仕事にストレスがたまり、
ショッピングでウサ晴らししていた時期がありました。

お金が足りなくなったら、キャッシングも利用していました。

すると毎月おそろしい請求が来るようになりました。

ボーナスで何とか精算しましたが、借金が雪だるま式に膨らんでいくというのは
、このことだと思いました。

これをきっかけにお金の使い方には気をつけるようになり、今はパート主婦。

家計を任されています。

キャッシングは便利ですが、自分の中で一定のルールを決めて使っています。

冠婚葬祭や親族の医療・介護費、子どもの教育(クラブ活動)など、
急でなおかつ現金ですぐに支払わなくてはならない出費に限り、
キャッシングカードを使っています。

借りたらすぐ返済の見込みを計算し、短期間で返済するようにしています。

自分が女子会に出かけたりする交際費や贅沢品の購入には
一切キャッシングしないようにしています。

本当にこれだけ?キャッシングの必要書類

大手の消費者金融にしても銀行カードローンにしても小口のキャッシングで必要になる書類は本人確認ができる書類だけなんです。

具体的に小口とは50万円以下の金額を指すことが多いようです。
また、本人確認の書類は、身分を証明する書類になんのですが、一般的には運転免許証を提示する人が多いようです。

また、健康保険証も有効です。
実は、あまり知られていないようですが、本人確認の書類として保険証を提示するときに審査に有利になるものがあります。

それは、社会保険や組合保険の加入者です。

これらの保険証は大企業や公務員などの勤務の人が利用しているからなんです。

国民健康保険の場合は、自営業者やパートなどの人が加入しているので収入面では、それほど余裕があるわけではないので審査において加点されることはありません。

ただ、あくまでも加点されないだけでマイナスというわけではありせん。
あくまでも本人確認の書類だということに変わりありません。

キャッシング申込みの方法はいろいろあります!

いろいろな理由で時にはキャッシング申込みをすることがあるでしょう。

自分には関係ないと思っていても、
ひょんなことからキャッシングのお世話になる場合もあります。

はじめての場合は、まずはキャッシング申込みをすることになりますが方法はたくさんあります。

今人気なのがインターネット申込みです。

家にいながら好きな時間に気軽に申込みができるので、
若い世代を中心によく利用されています。

また、従来からの無人契約機を使う方法も、まだまだニーズはあります。

自動契約機のメリットは、その場でキャッシングカードを用意してくれるところでしょう。

ネットでは、さすがにカードの発行まではできません。

郵送物をなるべくなくしたいなら自動契約機へ足を運ぶのをおススメします。

さらに、中高年に人気なのがテレフォンキャッシングです。

自動音信でもおこなえます。

業者によっては24時間キャッシング申込みが可能です。
ネットをしない世代には、とても使いやすい方法です。

そして忘れてはならないのが、店舗に行って直接融資の申込みをするスタイルです。

相談や疑問がある場合は直接聞けるので便利です。
こちらも、すぐにカードを発行してくれます。

このように、様々な方法でキャッシング申込みができます。

それぞれの特徴を知って使いやすい方法をとりましょう。