月別アーカイブ: 9月 2017

アルバイトでもキャッシングできる!借入するために大事なポイントとは

一般的に借入しやすいのは正規職だといわれます。キャッシングも借入の一種ですから、もちろん正社員の方など審査には受かりやすいものの、アルバイトでも十分に利用はできます。

なぜかというと、キャッシングでは年収の高さを求められないからです。このサービスは住宅ローンのように何千万円も借りるサービスではありません。キャッシングはもっと少額から借りれるサービスで、1万円だけ、1千円だけといった利用もできます。

これくらいの金額なら、月収10万円程度のアルバイトでも十分に返済できます。ですからアルバイトだというだけで、キャッシングの審査に落ちることはありません。

審査のときに大事なのは、そのアルバイトの勤続年数です。すでに1年以上続けているアルバイトがあれば、定期収入による返済能力があると判断され、年収に合っている範囲でキャッシングを使えることが多いのです。

このようにアルバイトでもキャッシングは使えますから、お金に困ることがあれば利用を考えてみるといいでしょう。ただし、やはり正社員職などに比べると、どうしても年収が低いことが多いため、高額借入は難しいことが多いです。

たとえば年収が100万円くらいなら、キャッシングで借りれる金額は30万円ほどが限度になります。これくらいの金額を目安に利用を考えてください。

銀行カードローンの審査は厳しくなるのか

銀行カードローンの審査が厳しくなると言われています。2016年に表面化した銀行カードローンの過剰融資問題が自己破産申請者数の増加をもたらしたとされることから、大きな社会問題になったのです。全国銀行協会では、各銀行に自主規制を取るように要請するという事態に発展しました。

わかっている主な自主規制を見てみると、メガバンクなどでは年収の2分の一までにしていた融資限度額を年収の三分の一までに制限するとか、貸付の際に要求する収入証明書を低い融資額からにすることなどです。はっきりといいますと、それは2010年に貸金業法に導入された総量規制と全く同レベルの自主規制であり、自主規制が金融庁の規制を逃れるためにポーズを取っていると言ってもいいでしょう。それほど総量規制に効果があるのならば、銀行法にも総量規制を導入すればいいことで、銀行側としては自主規制として総量規制の同レベルのことをしているので、銀行法の改正は必要ないということを訴えたいのでしょう。おそらくはメガバンクの他の銀行では自主規制はほとんど手を付けないと思われますから、メガバンク以外の銀行で銀行カードローンは借入のチャンスであるといえるかもしれません。

総量規制対象外のカードローンは借り過ぎに注意が必要です

貸金業法により貸付を行なう消費者金融や信販会社は、貸付総額を年収の1/3以内に抑える総量規制の適用を受けています。一方で、貸金業法以外の法律に基づく貸付を行っている銀行や信用金庫といった金融業者は、基本的に審査に通過すれば年収の1/3を超える貸付も可能です。貸しすぎが原因で多重債務者が多く発生していた教訓を基にして作られた総量規制は、事実上銀行や信用金庫といった総量規制対象外の金融業者により、無制限に貸付が行われる事態に至っています。

従来の銀行ローンは、有担保ローンが中心であって、金利も数%と低く抑えられていました。しかし、改正貸金業法が完全施行される時点を境目として、14%前後で貸付を行なう高金利のカードローン事業に銀行が力を入れることで、従来の消費者金融よりは金利が低いものの改めて貸しすぎが懸念される状態に陥っています。しかし、信用力が十分にあり、計画的に返済出来る利用者については、銀行カードローンの金利設定が低く抑えられて数%の金利で貸付を受けられている人も少なくありません。銀行カードローンは、総量規制対象外ですが、金利設定も利息制限法の範囲内で自由に行えるので、信用力が高い人ほど低金利で融資が可能です。