月別アーカイブ: 10月 2017

カードローンで借りたお金は自由に使って構わない?

カードローンはフリーキャッシングというカテゴリの借り入れになります。これは借りたお金は自由に使って構わないという意味で、遊びに行くお金や買いたい物を買うお金、もしくは他社への返済の為に使ったとしても、何のお咎めを受けることもありません。ですが、1つだけ利用してはいけない使い道があります。それは、事業系の資金にすることです。

事業系の資金とは、個人で営んでいる事業の運転資金にすることです。いくらカードローンの使い道が自由とは言っても、それだけには利用できません。この場合は別の事業系ローンと呼ばれる契約で借りる必要があります。

カードローンを提供している消費者金融や銀行では事業系ローンも取り扱っていることが多く、事業系の資金にしたい場合にはこちらを契約しましょう。ただし、カードローンのように比較的簡単に契約ができる訳ではなく、申込み時に確かに事業を営んでいる証拠として登記事項証明書や登記簿謄本が必要になり、事業としての決算書や確定申告書も提出になります。(厳密な必要書類は利用する会社によって異なります)

この事業系ローンとして借りたお金は事業の資金として使えるだけでなく、原則的に生活費として使っても構いません。つまり、個人事業主がキャッシングを利用する際には個人としてカードローンのようなフリーキャッシングを契約するのではなく、事業系ローンを契約する方が便利です。

また、事業系ローンは総量規制の対象外という点も挙げられます。フリーキャッシングのように年収の1/3までという上限が無いので、個人事業主が事業に使うお金を借りたい時にはこの事業系ローンを利用しましょう。

中には事業系ローンでもカードローン形式で、ATMから自由に借り入れや返済が行える場合があります。この場合はカードローンと使い勝手は変わらないので、事業系ローンを利用する時にはカードローンとして使うことができるかを確認してから申込みを行うと、後々の利用がとても便利なのは言うまでもありません。

総量規制対象外なら銀行カードローン

総量規制対象外になるキャッシングを探している人は、銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

総量規制は貸金業法という法律で決められているルールなので、消費者金融のキャッシングは基本的に総量規制の対象になります。

消費者金融にも総量規制対象外のおまとめローンなどがあることもありますが、おまとめローンはすでに借りている借金を一本化するためのローンです。

カードを発行してATMから自由に借りるという利用方法はできないことに注意してください。

使いみち自由で自由に借りることができて、総量規制対象外のフリーローンといえば、銀行カードローンということになります。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査は早くないですが、金利が低いというメリットもあります。

銀行ローンは本当に審査が厳しいのか

銀行ローンとは銀行本体が直接融資するもので、消費者金融のローンなどに比べて金利が低く、融資限度額も多いのが特徴です。しかし、世間では銀行ローンの審査は厳しいと言われているので、他に借金や滞納、遅滞などがある人はなかなか申し込みしにくいかもしれません。

近年の銀行は変わってきていて、小口融資でも積極的に行っています。テレビのCMなどでも銀行のカードローンが多く流れていて、消費者金融のカードローンより銀行のカードローンの方が、ローン残高が高くなっています。それだけ銀行もカードローンに力を入れているということです。世間が言っているほど銀行ローンの審査は厳しいのかというとそこまで厳しくありません。実際の銀行ローンの審査は、審査項目が多いだけです。確かに消費者金融よりは審査を厳しくしていますが、銀行が一番審査のポイントにしているのは「他社からの借り入れ状況」です。何社借り入れしていて、どのくらいの金額を借り入れしているのかを審査の判断にされます。自分の経験上では、3社以上他社から借り入れしているとどこの銀行も審査で落ちました。

銀行ローンの審査基準は「申込者はちゃんと返済してくれるのか」というものになるので、滞納、遅滞などを1度でも起こしている人、複数の金融機関から借り入れしている人には審査は厳しいです。しかし、消費者金融なら審査に通るところもあったりするので、銀行ローンの審査は厳しいのかもしれません。