月別アーカイブ: 12月 2017

カードローンの増額!一度減額されていると厳しい!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば、都度審査を受けることなくキャッシングが可能です。契約者の都合に合わせて利用が出来るため、必要な時にスピーディーに利用できるのがメリットです。ですが、利用していくうちに利用限度額が足りなかったり、必要なキャッシングをしたいときに利用限度額がその金額に満たない場合は、増額申請をする毎になります。ですが、増額申請をしても審査があり、必ず増額で出来るものではありません。特に利用期間中に利用限度額の引き下げを受けた場合は増額は厳しくなります。

そもそも、カードローンの取引規約では、融資する側が与信状況に合わせて、限度額の減額が可能になっています。つまり、減額されているということは、少なからず与信状況が悪化しているということになります。一度下がってしまった与信は、元の状態に戻すことが難しくなっています。また、長期に亘り、取引に問題が無いことが重要になります。しばらく期間が経過し、もう大丈夫と考えていても増額出来ないケースが多いため、利用の際は与信を悪化させないように常に注意が必要となります。もし、何度も増額審査を通過出来ない場合は、その他のキャッシング契約やクレジットカードの契約見直しを行い、不要なものは減らすことも肝心です。

即日で利用出来るキャッシングを使う際に押さえておくべき事とは

消費者金融会社は、貸金業法で定められている法律の下で営業しています。消費者金融会社が提供する個人向けの融資サービスであるキャッシングは、貸金業法で義務づけられている総量規制の対象となっており、即日でキャッシングを利用したいユーザーは総量規制について常に意識しておく必要があります。総量規制では、年収の3分の1までが消費者金融会社が消費者に貸す事が出来る限度額の上限としています。
さらに、この上限は、消費者が複数の金融会社からお金を借りている場合、その限度額の総額が年収の3分の1を超えていますと、新規に申し込みをしても受け付けてもらえません。

即日でキャッシングによる融資を受けるには、申し込みを金融会社の早い時間帯に行う事が必要です。その理由は、審査において在籍確認という申込者が提出した申込書の勤務先に実際に申込者が所属しているのかどうかを確認する作業が必ず行われ、それには申込者の勤務先が営業していなければいけないからです。もし、在籍確認が出来ない場合は、勤務先が営業している時間帯に問い合わせをする事になりますので、翌日以降に審査結果が出るという事態になります。審査を通過するには、在籍確認はとても重要な要素ですので、在籍確認が出来る時間帯にキャッシングの申し込みをしておけば、即日融資も十分に可能になってきます。

キャッシングをするとメリットになる点は?

大手の銀行や消費者金融が盛大にキャッシングの宣伝をしているので金欠の状態になっている時に気になってしまう事もあるでしょう。お金を借りる時に金利が発生するので返済する時に利息が加算されるという負担があります。しかし実際にキャッシングをするとメリットになる点もあります。そこでキャッシングをするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・少額だけ借りる事が可能

金欠の状態になっている時は少額だけ必要なので多額の借り入れをする必要がありません。それで銀行や消費者金融でキャッシングをする時は少額から借りる事が可能なので金欠の状態になっている時の対処法としてすごく適しています。

・ネットで申し込む事が出来る

スマホが普及してきた事でどこでもネットを利用する事が出来る時代になっています。それでキャッシングの申込方法もネットが主流になってきています。ネット銀行のカードローンや大手の消費者金融はWEB完結で申し込む事が出来るので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・信用情報に実績が残る

キャッシングをすると信用情報に傷が付くと言われていますが、正しい方法で利用すると実績として履歴が残ります。それで住宅ローンの審査などで返済能力がある人と判断されて有利になる事もあります。