カードローン」タグアーカイブ

カードローンで借りたお金は自由に使って構わない?

カードローンはフリーキャッシングというカテゴリの借り入れになります。これは借りたお金は自由に使って構わないという意味で、遊びに行くお金や買いたい物を買うお金、もしくは他社への返済の為に使ったとしても、何のお咎めを受けることもありません。ですが、1つだけ利用してはいけない使い道があります。それは、事業系の資金にすることです。

事業系の資金とは、個人で営んでいる事業の運転資金にすることです。いくらカードローンの使い道が自由とは言っても、それだけには利用できません。この場合は別の事業系ローンと呼ばれる契約で借りる必要があります。

カードローンを提供している消費者金融や銀行では事業系ローンも取り扱っていることが多く、事業系の資金にしたい場合にはこちらを契約しましょう。ただし、カードローンのように比較的簡単に契約ができる訳ではなく、申込み時に確かに事業を営んでいる証拠として登記事項証明書や登記簿謄本が必要になり、事業としての決算書や確定申告書も提出になります。(厳密な必要書類は利用する会社によって異なります)

この事業系ローンとして借りたお金は事業の資金として使えるだけでなく、原則的に生活費として使っても構いません。つまり、個人事業主がキャッシングを利用する際には個人としてカードローンのようなフリーキャッシングを契約するのではなく、事業系ローンを契約する方が便利です。

また、事業系ローンは総量規制の対象外という点も挙げられます。フリーキャッシングのように年収の1/3までという上限が無いので、個人事業主が事業に使うお金を借りたい時にはこの事業系ローンを利用しましょう。

中には事業系ローンでもカードローン形式で、ATMから自由に借り入れや返済が行える場合があります。この場合はカードローンと使い勝手は変わらないので、事業系ローンを利用する時にはカードローンとして使うことができるかを確認してから申込みを行うと、後々の利用がとても便利なのは言うまでもありません。

総量規制対象外なら銀行カードローン

総量規制対象外になるキャッシングを探している人は、銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

総量規制は貸金業法という法律で決められているルールなので、消費者金融のキャッシングは基本的に総量規制の対象になります。

消費者金融にも総量規制対象外のおまとめローンなどがあることもありますが、おまとめローンはすでに借りている借金を一本化するためのローンです。

カードを発行してATMから自由に借りるという利用方法はできないことに注意してください。

使いみち自由で自由に借りることができて、総量規制対象外のフリーローンといえば、銀行カードローンということになります。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査は早くないですが、金利が低いというメリットもあります。

総量規制対象外のカードローンは借り過ぎに注意が必要です

貸金業法により貸付を行なう消費者金融や信販会社は、貸付総額を年収の1/3以内に抑える総量規制の適用を受けています。一方で、貸金業法以外の法律に基づく貸付を行っている銀行や信用金庫といった金融業者は、基本的に審査に通過すれば年収の1/3を超える貸付も可能です。貸しすぎが原因で多重債務者が多く発生していた教訓を基にして作られた総量規制は、事実上銀行や信用金庫といった総量規制対象外の金融業者により、無制限に貸付が行われる事態に至っています。

従来の銀行ローンは、有担保ローンが中心であって、金利も数%と低く抑えられていました。しかし、改正貸金業法が完全施行される時点を境目として、14%前後で貸付を行なう高金利のカードローン事業に銀行が力を入れることで、従来の消費者金融よりは金利が低いものの改めて貸しすぎが懸念される状態に陥っています。しかし、信用力が十分にあり、計画的に返済出来る利用者については、銀行カードローンの金利設定が低く抑えられて数%の金利で貸付を受けられている人も少なくありません。銀行カードローンは、総量規制対象外ですが、金利設定も利息制限法の範囲内で自由に行えるので、信用力が高い人ほど低金利で融資が可能です。

モビットのカードローンの特徴と商品概要

大手消費金融者のカードローン商品は、多くの人が気軽に申し込みができ、尚且つ申込をした当日にキャッシングができる商品が多くなっているので、いざとお金が必要となった時には非常に役立つ金融商品と言っても過言でありません。大手消費者金融のカードローンでも、銀行のカードローンでも、カードローン審査の一環として職場への在籍確認はほぼ例外なく行われているのですが、大手消費者金融の一つであるモビットのカードローンに関しては、web完結という方法で申込と契約をすることで、職場への在籍確認を省略してのカードローン契約が可能となっています。このため、誰にも知られずにキャッシング契約をしたいと考えている人や職場に電話が来ることに抵抗があるという人にはおすすめの商品となっているのです。

モビットのカードローンの実質年率は年3.0%~18.0%、融資限度額は1万円から800万円となっています。なお入会金や年会費についてはもちろん無料となっています。借りたお金の返済方法については銀行振込での返済や提携ATMからの返済、口座振替扱での返済方法がありますが、web完結で契約する場合の返済方法については口座振替扱に限られています。返済用の口座としては、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必須なので、Web完結契約を考えている人は確実に用意しておきましょう。

カードローン会社を活用することは

カードローン業者というのは、いくつもあります。カードローン会社をよく探して、どこからカードを発行してもらうのか、ということをよくよく考えた方が良いでしょう。では、どのようなことを比較するべきなのか、ということになりますが、それが金利になります。

つまりは、いくらの金利で貸してくれるのか、利息はどの程度になるのか、ということを知るべきなのです。それこそがまさに比較するべきところであるといえるでしょう。カードローン会社の審査というのは色々とありますがとにかくまずは発行してもらうことができるのか、という点もポイントもあります。

どんなに金利が安いからといって発行してくれないのであれば意味がないわけです。その点から考える人もいます。つまりは、少しでも審査のハードルが低いところにして、とりあえずカードが欲しい、借りることができるようにしたほうがよいと考える人もいますし、それはそれでありな考え方になります。

どこに重きを置くのか、ということがその人によって違うのは確かでしょう。カードローン業者は沢山ありますから、やはりしっかりと比較するとよいでしょう。少しでも条件が良いところがあればそこに発行してもらうとよいです。