キャッシング」タグアーカイブ

キャッシングの返済の方式として

お金を借りるサービスはいくつもありますがその最たるものといいますとキャッシングサービスです。これは無担保であり、保証人もなしで自分の信用のみで貸してもらうことができるような借り方になります。借りる方法としてはそれでよいとして問題は返済の方法でしょう。返済方式なのですが主に二つになります。

それが約定返済であり、もう一つが随時返済になります。約定返済とは毎月、この金額だけは必ず返すように、とするものです。多くの場合、残高スライド方式というのが採用されています。つまりは借入額が10万円以下であれば、とか20万円以上30万円以下であれば、とかそのような借入の金額によってスライドしていくことになる、ということです。とりあえずこの約定返済は確実にやっていく必要性があることになります。そして、もう一つの随時返済なのですがこれは任意に行うことであり、そのまま丸々元本を減らすことができるようになります。こうすることによってより早く返済ができるようになります。出来るだけ利息の支払いを少なくしたいのであればこの随時返済を多くやっていくことがコツになります。約定返済と随時返済の組み合わせで返済をしていくことになります。

バイトでもキャッシングできる!

キャッシングに対して何かしらの不安を抱えている人は多いでしょう。「自分はアルバイトだけどキャッシングできるの?」と感じている人もいるかもしれません。そのような方でもキャッシングは安心しておこなえます。キャッシングをするうえで重要なことは毎月一定の収入があることです。正社員であろうがフリーターであろうが、はたまた学生であろうがその基準は変わらないのです。

ただし、どんなキャッシングでも審査をするとなると勤務先への在籍確認の連絡、もしくは収入証明書の提出を求められます。収入証明書の提出は希望借り入れ金額によりますが、勤務先への在籍確認だけは必須だと考えておいてください。それさえクリアできれば、たいていの人はキャッシングの審査に通ることができるでしょう。

キャッシングに関して不安を感じている方は、実際に借り入れをするかはおいておき、まずは申し込みの相談をしてみてはいかがですか。

即日で利用出来るキャッシングを使う際に押さえておくべき事とは

消費者金融会社は、貸金業法で定められている法律の下で営業しています。消費者金融会社が提供する個人向けの融資サービスであるキャッシングは、貸金業法で義務づけられている総量規制の対象となっており、即日でキャッシングを利用したいユーザーは総量規制について常に意識しておく必要があります。総量規制では、年収の3分の1までが消費者金融会社が消費者に貸す事が出来る限度額の上限としています。
さらに、この上限は、消費者が複数の金融会社からお金を借りている場合、その限度額の総額が年収の3分の1を超えていますと、新規に申し込みをしても受け付けてもらえません。

即日でキャッシングによる融資を受けるには、申し込みを金融会社の早い時間帯に行う事が必要です。その理由は、審査において在籍確認という申込者が提出した申込書の勤務先に実際に申込者が所属しているのかどうかを確認する作業が必ず行われ、それには申込者の勤務先が営業していなければいけないからです。もし、在籍確認が出来ない場合は、勤務先が営業している時間帯に問い合わせをする事になりますので、翌日以降に審査結果が出るという事態になります。審査を通過するには、在籍確認はとても重要な要素ですので、在籍確認が出来る時間帯にキャッシングの申し込みをしておけば、即日融資も十分に可能になってきます。

キャッシングをするとメリットになる点は?

大手の銀行や消費者金融が盛大にキャッシングの宣伝をしているので金欠の状態になっている時に気になってしまう事もあるでしょう。お金を借りる時に金利が発生するので返済する時に利息が加算されるという負担があります。しかし実際にキャッシングをするとメリットになる点もあります。そこでキャッシングをするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・少額だけ借りる事が可能

金欠の状態になっている時は少額だけ必要なので多額の借り入れをする必要がありません。それで銀行や消費者金融でキャッシングをする時は少額から借りる事が可能なので金欠の状態になっている時の対処法としてすごく適しています。

・ネットで申し込む事が出来る

スマホが普及してきた事でどこでもネットを利用する事が出来る時代になっています。それでキャッシングの申込方法もネットが主流になってきています。ネット銀行のカードローンや大手の消費者金融はWEB完結で申し込む事が出来るので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・信用情報に実績が残る

キャッシングをすると信用情報に傷が付くと言われていますが、正しい方法で利用すると実績として履歴が残ります。それで住宅ローンの審査などで返済能力がある人と判断されて有利になる事もあります。

アルバイトでもキャッシングできる!借入するために大事なポイントとは

一般的に借入しやすいのは正規職だといわれます。キャッシングも借入の一種ですから、もちろん正社員の方など審査には受かりやすいものの、アルバイトでも十分に利用はできます。

なぜかというと、キャッシングでは年収の高さを求められないからです。このサービスは住宅ローンのように何千万円も借りるサービスではありません。キャッシングはもっと少額から借りれるサービスで、1万円だけ、1千円だけといった利用もできます。

これくらいの金額なら、月収10万円程度のアルバイトでも十分に返済できます。ですからアルバイトだというだけで、キャッシングの審査に落ちることはありません。

審査のときに大事なのは、そのアルバイトの勤続年数です。すでに1年以上続けているアルバイトがあれば、定期収入による返済能力があると判断され、年収に合っている範囲でキャッシングを使えることが多いのです。

このようにアルバイトでもキャッシングは使えますから、お金に困ることがあれば利用を考えてみるといいでしょう。ただし、やはり正社員職などに比べると、どうしても年収が低いことが多いため、高額借入は難しいことが多いです。

たとえば年収が100万円くらいなら、キャッシングで借りれる金額は30万円ほどが限度になります。これくらいの金額を目安に利用を考えてください。

初めての方のために上手な返済方法教えます

キャッシングの際、借りるまでは無利息サービスや低金利の金融機関を探す努力はするのに、返済で失敗して利息以上の手数料を支払うはめになることもあります。そこで上手な返済の仕方をお教えします。

まず返済日を選択できるなら、なるべく給料日の直後にしましょう。なるべく余裕のあるうちに返済します。そして返済方法は口座振替にします。これなら手数料はかかりませんし、返済し忘れることはありません。延滞金の金利は年20%も取られるので馬鹿らしいです。しかしほとんどの金融機関で口座振替を申し込んでも、反映されるまで数日から数ヶ月かかります。ですから反映されるまでは、自ら返済を行う必要があるのです。

インターネットバンキングを利用できる金融機関なら、インターネットバンキングで返済するのが一番です。手数料はかかりませんし、24時間いつでも返済できます。インターネットバンキングが無理なら、ATMか銀行振込になります。ATMは当該金融機関のATMがお近くにあるなら、手数料無料で返済できるので問題ありません。しかし提携ATMの手数料が有料の場合は、やむを得ない場合を除いて止めるべきです。最大216円もかかるので、正直無駄です。さらに銀行振込は他行宛の振込なら手数料が高額になります。ネット銀行の手数料無料で振込できる方以外は、こちらもやむを得ない場合を除いて止めるべきです。

このように返済方法は口座振替が一番オススメです。そして手続きが完了するまでの間も、できるだけ手数料がかからない返済方法を選択する必要があります。

私にお金を貸してくれたのはキャッシングだけでした

誰も私にお金を貸してくれそうもなかったのでキャッシングでお金を借りるしかない事態に陥ってしまったことがあります。私は今もそうですが、その頃も正規雇用で働く会社員でした。銀行や消費者金融からの借金もありませんでしたし、クレジットカードの利用履歴もキレイなものでした。キャッシングの審査はどの金融機関でも通るのではないかと思っていました。審査に特に不安はありませんでしたが、だからと言ってお金を貸してくれるならどの金融機関でもいいという訳ではありません。

キャッシングに申し込みをすると必ず会社に在籍確認のための電話が掛ってくるものです。ネットでキャッシングについて調べてそのことを知りました。私は会社に在籍確認の電話が掛ってくるのはどうしても避けたいと思いました。キャッシングの審査だとは判らないよう電話は掛ってくるようですが会社に私あてに私用電話が掛ってきたことはいちどもないのです。そこで在籍確認の電話が無いキャッシングを調べてみたところプロミスでは書類の提出で在籍確認電話の代用ができることが判りました。プロミスなら私でも知っているほどの大手の消費者金融なので安心だと思いました。そこで私はプロミスを選びキャッシングに申し込みました。今でも私がキャッシングを利用していることを知っている同僚はいません。

キャッシングをする前にまず比較してみよう

急にお金が入用になった、お給料日までちょっと足りない

なんていう時に頼りになるのがキャッシングです。

しかし、キャッシングといっても、金融機関はたくさんあって、

それぞれ資格や上限金額、利息などが異なります。

少額であっても、キャッシングするということはお金を借りることなので、

安易にキャッシングをするのではなく、まずはネットを活用して比較をして見ましょう。

キャッシングの金融機関を比較するのはとても簡単。

「キャッシング」「比較」というキーワードで検索すると様々な比較サイトが出てきます。

どんなことで比較するのかといえば、

①限度額、②審査日数、③振込みまでの時間、④借入/返済方法、⑤金融機関などになります。

その他、利用する目的によって、

①即日振込の可不可、②収入証明の必要の有無、③利息の有無、④女性向け

などから検索して比較することなどもできます。

最近ではネット申し込みで振込みまでを済ませることのできる金融機関や

即日振込をしてくれる金融機関などサービスの幅が広くなっています。

ただし、条件が難しくなく借りやすい金融機関の場合、

高い利息であったり、簡単なだけに借り過ぎてしまうというケースも少なくありません。

キャッシングの金融機関を比較する際には、

自分にとってあまりにも条件が良過ぎないかなど疑うくらいの気持ちになって、

安心して利用できる信用できる機関を探して、利用する様にしましょう。

キャッシング 本人確認と在籍確認

キャッシングをする際に気になることのひとつが本人確認だと思います。

家に電話がかかってくるのか、職場に電話がかかってくるのか、どちらにしても借金をするという点で世間体が気になる方は多いでしょう。

ここでは、私が実際に三社のキャッシングをして体験した本人確認について、そのうちのひとつを紹介したいと思います。

アコムの場合

CMでもお馴染み、アコムでの審査と本人確認についてです。

初めてのアコムというフレーズの通り、キャッシング経験のない人にとってアコムの審査は比較的寛大と言えるでしょう。フリーターや主婦、学生でもアルバイトまたはパートとして働き安定した収入があればほとんどの人が審査に通ります。

問題は本人確認です。アコムの場合、家庭への本人確認をすることはほとんどありませんが、職場への在籍確認の電話が必須となります。ですが安心してください。在籍確認する場合、アコムという会社名は言いません。というより言ってはいけない決まりなのです。したがってアコムでは電話での在籍確認をする際にオペレーターが「◯◯という者ですが、◯◯様はいらっしゃいますか?」といった感じで個人から個人への電話として処理してくれます。この時に本人が職場にいるいないに関わらず、その職場に勤めていることがわかれば在籍確認が終了するので、あの人キャッシングをしているという事実が周囲にバレにくいです。また、この方法はクレジットカードの在籍確認と同じ方法なので、もしキャッシングをしているとバレそうになった場合はクレジットカードの審査をしてもらっているという嘘の口実もできます。

それでも、キャッシングの在籍確認に抵抗がある人はいるでしょう。その場合アコムでは本人が職場で社会保険に入っている場合、保険証を提出することで在籍確認が終了となります。この方法なら家庭にも職場にもバレることなく審査が終了して無事にお金を借りることができます。借入限度額が10万程度の低額の融資ならこの方法でほぼ間違いなく大丈夫でしょう。

しかしながら、多額の借入の場合は電話での在籍確認が避けられない場合がほとんどです。そして、借入限度額に関係なく電話がかかってくる時間帯を細かく指定することはできません。「営業時間が10~19時なのでその時間に電話してください。」といった要望なら応えてくれますが、「12~13時の間に電話してください。」という細かい要望には応えてくれないのです。つまり、自分が必ず電話を取れる時間に電話をかけてもらうということはできないのです。

キャッシングの際に電話が職場にかかってくることが避けられない場合は直属の上司等にきちんと話を通しておかないと、キャッシングのせいで職場に居づらくなることもあり得るのでその点は充分に注意しましょう。

総量規制対象外のキャッシングについて

消費者金融や信販会社のいわゆる貸金業者のキャッシングは、銀行系とは異なるルールが設定されています。具体的に言いますと総量規制です。これは借り入れ総額が他社を含めて年収の3分の1までに制限されるというものです。この辺りはご存知の方も多いと思いますが、実は総量規制対象外となるキャッシングもあるのです。

まずはおまとめローン、または借り換えローンと呼ばれるものです。複数にまたがる借金を一本化する方法で、どちらかと言いますと銀行が展開しているサービスというイメージがあります。ところが消費者金融でも提供している場合があるのです。内容的には銀行と実質的に変わりありません。

ここで気になるのが総量規制ですが、おまとめローンの場合は年収の3分の1を超えても構わないという特例が法律上で認められているのです。おまとめローンは返済額が軽減されますので、ある意味で消費者に対する救済措置ですね。また、その意味では配偶者貸付も同様の措置と言えます。

配偶者の年収と合算した額を自分の年収として申告出来るというものです。こちらも総量規制対象外となりますが、実施している業者が少ないという点と、本人に安定的な収入があるという条件が設定されている場合が多いです。