審査」タグアーカイブ

キャッシングの審査に関する条件は

キャッシングすることができるカードを発行してもらうためには、審査があり、この審査を通過しなければキャッシング枠をつけてもらうことができません。

審査に関する条件はカードの会社によって詳しく決められており、ただ内容については公表されていないので、自分が審査に通るかどうかは、申請をしてみないとわからないところが多いです。

基本的には一定の収入があることがとても大切で、アルバイトや学生であっても、収入さえあればキャッシング枠をつけることができます。ただしキャッシングをすることができる金額は、収入によって変動するので、収入が少ない人では多くの金額を借りることができません。また収入が多くなれば、それだけキャッシングすることができる金額が大きくなる特徴があります。

西日本銀行カードローン NCBキャッシュエース

西日本銀行カードローン NCBキャッシュエースには3つの特徴があります。

一つは口座を持っていれば、お店に行かなくてもWEBでの申請のみで契約締結までいけることです。

後は、専業主婦、パート、アルバイトの方でも仮理恵が出来ることも大きく地方銀行では幅は広めに設定されています。

また、金利は他の銀行と比べるとかなり高い部類には入りますが、その分保証会社はアコムかYJカードが行いますので

審査基準としてはかなり軽めになっているところでありますから、審査はかなり簡単に通過することが出来ると思います。

地元で問う銀行の利用者が借り入れしやすいようになっているのが、西日本銀行カードローン NCBキャッシュエースの特徴です。

銀行カードローンの審査は厳しくなるのか

銀行カードローンの審査が厳しくなると言われています。2016年に表面化した銀行カードローンの過剰融資問題が自己破産申請者数の増加をもたらしたとされることから、大きな社会問題になったのです。全国銀行協会では、各銀行に自主規制を取るように要請するという事態に発展しました。

わかっている主な自主規制を見てみると、メガバンクなどでは年収の2分の一までにしていた融資限度額を年収の三分の一までに制限するとか、貸付の際に要求する収入証明書を低い融資額からにすることなどです。はっきりといいますと、それは2010年に貸金業法に導入された総量規制と全く同レベルの自主規制であり、自主規制が金融庁の規制を逃れるためにポーズを取っていると言ってもいいでしょう。それほど総量規制に効果があるのならば、銀行法にも総量規制を導入すればいいことで、銀行側としては自主規制として総量規制の同レベルのことをしているので、銀行法の改正は必要ないということを訴えたいのでしょう。おそらくはメガバンクの他の銀行では自主規制はほとんど手を付けないと思われますから、メガバンク以外の銀行で銀行カードローンは借入のチャンスであるといえるかもしれません。

カードローン会社を活用することは

カードローン業者というのは、いくつもあります。カードローン会社をよく探して、どこからカードを発行してもらうのか、ということをよくよく考えた方が良いでしょう。では、どのようなことを比較するべきなのか、ということになりますが、それが金利になります。

つまりは、いくらの金利で貸してくれるのか、利息はどの程度になるのか、ということを知るべきなのです。それこそがまさに比較するべきところであるといえるでしょう。カードローン会社の審査というのは色々とありますがとにかくまずは発行してもらうことができるのか、という点もポイントもあります。

どんなに金利が安いからといって発行してくれないのであれば意味がないわけです。その点から考える人もいます。つまりは、少しでも審査のハードルが低いところにして、とりあえずカードが欲しい、借りることができるようにしたほうがよいと考える人もいますし、それはそれでありな考え方になります。

どこに重きを置くのか、ということがその人によって違うのは確かでしょう。カードローン業者は沢山ありますから、やはりしっかりと比較するとよいでしょう。少しでも条件が良いところがあればそこに発行してもらうとよいです。

今日中にお金が必要にな方に

色んな理由はあるとは思いますが、急いでお金を借りたいというシチュエーションはそれなりにあるんだと思います。

そんなときに頼りになるのがキャッシングサービスです。

ひとくちにキャッシングといってもその特徴は様々で利用者が都合いいキャッシングを選べる環境にあります。

たとえば、その日のうちに借りることができる即日キャッシングにも業者によって特色があります。
じっくり比較検討して選ぶようにしましょう。

基本的に金利が安いほうが審査は厳しめだと思って間違いないと思います。

また、大手のキャッシング会社に落ちてしまうようなら中堅のキャッシング会社に申し込みしてみるのも手です。
中堅のメリットは審査のハードルが低いことにありますが、借りた後の利便性は大手の会社と比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

水商売の審査ってどうするの?

水商売というとイメージ的に審査には通りづらいといった感じがあるのですが、実際のところはどうなんでしょうか?

消費者金融の審査では、水商売だからといって特別不利になることはないようです。
一般的な派遣やアルバイトと同じような扱いになるみたいですね。

なので、勤続年数や収入をみて総合的に判断するという感じのようです。

ところが、実際にお金を借りにくる水商売の人のなかには、審査に通りづらいと思ってか、ウソの申告をする人がいるようです。
例えば、アリバイ会社を使って在籍確認をとらせたりするケースがあるみたいです。

こうした、虚偽の申告はバレた時点で審査は不可になってしまいます。

水商売であることを隠しているより、正直に申告したほうが、パスする確率は高いと思います。