審査基準」タグアーカイブ

主婦キャッシングの条件について

主婦がキャッシングを行いたい時には条件があり、働いて収入の流れを持つ主婦と持たない主婦では違いがあるものです。

収入の流れを持つ主婦は金融業者に申込みを行い、審査基準に達していればキャッシング可能になりますが、働いていない主婦ならば選べる金融業者や審査時に必要な要素が変わります。

専業主婦は基本的には無職無収入状態であり、消費者金融では収入の無い主婦は申込みを行えない仕組みになっており、銀行の場合は配偶者収入や婚姻関係を示す書類を提出すると審査に挑む事が可能です。

銀行キャッシングを専業主婦が利用する際の注意点としては、配偶者の収入が返済能力の基準となり、主婦が使い込み過ぎれば配偶者が返済する必要がありますから、利用時には用途を話し合って計画的な利用が必要になります。

専業主婦でもキャッシングが必要な場面はあり、何か急な出費が必要な際にキャッシングサービスを利用出来れば便利です。

銀行では配偶者の返済能力が信用となりキャッシング出来ますから、確実に完済出来る見通しがついた状態での利用が望ましく、返済に負担がかかるような借り入れを避けて、完済に必要な日数や利息負担の総額計算した上で利用すれば安心でしょう。

銀行ローンは本当に審査が厳しいのか

銀行ローンとは銀行本体が直接融資するもので、消費者金融のローンなどに比べて金利が低く、融資限度額も多いのが特徴です。しかし、世間では銀行ローンの審査は厳しいと言われているので、他に借金や滞納、遅滞などがある人はなかなか申し込みしにくいかもしれません。

近年の銀行は変わってきていて、小口融資でも積極的に行っています。テレビのCMなどでも銀行のカードローンが多く流れていて、消費者金融のカードローンより銀行のカードローンの方が、ローン残高が高くなっています。それだけ銀行もカードローンに力を入れているということです。世間が言っているほど銀行ローンの審査は厳しいのかというとそこまで厳しくありません。実際の銀行ローンの審査は、審査項目が多いだけです。確かに消費者金融よりは審査を厳しくしていますが、銀行が一番審査のポイントにしているのは「他社からの借り入れ状況」です。何社借り入れしていて、どのくらいの金額を借り入れしているのかを審査の判断にされます。自分の経験上では、3社以上他社から借り入れしているとどこの銀行も審査で落ちました。

銀行ローンの審査基準は「申込者はちゃんと返済してくれるのか」というものになるので、滞納、遅滞などを1度でも起こしている人、複数の金融機関から借り入れしている人には審査は厳しいです。しかし、消費者金融なら審査に通るところもあったりするので、銀行ローンの審査は厳しいのかもしれません。