初めての方のために上手な返済方法教えます

キャッシングの際、借りるまでは無利息サービスや低金利の金融機関を探す努力はするのに、返済で失敗して利息以上の手数料を支払うはめになることもあります。そこで上手な返済の仕方をお教えします。

まず返済日を選択できるなら、なるべく給料日の直後にしましょう。なるべく余裕のあるうちに返済します。そして返済方法は口座振替にします。これなら手数料はかかりませんし、返済し忘れることはありません。延滞金の金利は年20%も取られるので馬鹿らしいです。しかしほとんどの金融機関で口座振替を申し込んでも、反映されるまで数日から数ヶ月かかります。ですから反映されるまでは、自ら返済を行う必要があるのです。

インターネットバンキングを利用できる金融機関なら、インターネットバンキングで返済するのが一番です。手数料はかかりませんし、24時間いつでも返済できます。インターネットバンキングが無理なら、ATMか銀行振込になります。ATMは当該金融機関のATMがお近くにあるなら、手数料無料で返済できるので問題ありません。しかし提携ATMの手数料が有料の場合は、やむを得ない場合を除いて止めるべきです。最大216円もかかるので、正直無駄です。さらに銀行振込は他行宛の振込なら手数料が高額になります。ネット銀行の手数料無料で振込できる方以外は、こちらもやむを得ない場合を除いて止めるべきです。

このように返済方法は口座振替が一番オススメです。そして手続きが完了するまでの間も、できるだけ手数料がかからない返済方法を選択する必要があります。

モビットのカードローンの特徴と商品概要

大手消費金融者のカードローン商品は、多くの人が気軽に申し込みができ、尚且つ申込をした当日にキャッシングができる商品が多くなっているので、いざとお金が必要となった時には非常に役立つ金融商品と言っても過言でありません。大手消費者金融のカードローンでも、銀行のカードローンでも、カードローン審査の一環として職場への在籍確認はほぼ例外なく行われているのですが、大手消費者金融の一つであるモビットのカードローンに関しては、web完結という方法で申込と契約をすることで、職場への在籍確認を省略してのカードローン契約が可能となっています。このため、誰にも知られずにキャッシング契約をしたいと考えている人や職場に電話が来ることに抵抗があるという人にはおすすめの商品となっているのです。

モビットのカードローンの実質年率は年3.0%~18.0%、融資限度額は1万円から800万円となっています。なお入会金や年会費についてはもちろん無料となっています。借りたお金の返済方法については銀行振込での返済や提携ATMからの返済、口座振替扱での返済方法がありますが、web完結で契約する場合の返済方法については口座振替扱に限られています。返済用の口座としては、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必須なので、Web完結契約を考えている人は確実に用意しておきましょう。

信用状況に不安を感じるなら信販会社系の保証会社は避けるべき!

カードローンたフリーローンといったキャッシング契約をする際、一番心配なことは信用状況に問題が無いかどうかということです。そして、金利の低い銀行ローンの場合、保証委託先の会社が信販会社系と消費者金融系になっており、どちらが信用度を重視するのか気になることです。

もし、信用状況に不安を抱える場合、金融事故の事実が無かったとしても信販会社系の保証会社は避けるのがおすすめです。信販会社系の保証会社は、クレジットカードの利用状況を確認し、より審査が厳しく行われます。また、保証会社が発行しているクレジットカードを所有している場合または過去に所有していた場合は、申し込みを避けるのがおすすめです。

クレジットカードと銀行カードローンの保証委託先が同じ場合、クレジットカードの利用状況を全て把握されてしまうため、過去に毎月の返済遅延があった場合は審査上で不利になります。個人信用情報では金融事故情報が抹消されていても、信販会社は独自のデータベースで顧客情報を管理しており、簡単に情報を検索出来てしまいます。

特にクレジットカードの場合は、消費者金融のカードローンに比べ契約する方も多く、大手信販会社を選ぶ傾向にあります。そのため、クレジットカードの情報が不利になる可能性が高いため、不安に思った際は保証会社が消費者金融系のカードローンを選択するのが無難です。

私にお金を貸してくれたのはキャッシングだけでした

誰も私にお金を貸してくれそうもなかったのでキャッシングでお金を借りるしかない事態に陥ってしまったことがあります。私は今もそうですが、その頃も正規雇用で働く会社員でした。銀行や消費者金融からの借金もありませんでしたし、クレジットカードの利用履歴もキレイなものでした。キャッシングの審査はどの金融機関でも通るのではないかと思っていました。審査に特に不安はありませんでしたが、だからと言ってお金を貸してくれるならどの金融機関でもいいという訳ではありません。

キャッシングに申し込みをすると必ず会社に在籍確認のための電話が掛ってくるものです。ネットでキャッシングについて調べてそのことを知りました。私は会社に在籍確認の電話が掛ってくるのはどうしても避けたいと思いました。キャッシングの審査だとは判らないよう電話は掛ってくるようですが会社に私あてに私用電話が掛ってきたことはいちどもないのです。そこで在籍確認の電話が無いキャッシングを調べてみたところプロミスでは書類の提出で在籍確認電話の代用ができることが判りました。プロミスなら私でも知っているほどの大手の消費者金融なので安心だと思いました。そこで私はプロミスを選びキャッシングに申し込みました。今でも私がキャッシングを利用していることを知っている同僚はいません。

銀行カードローンを金利で段階わけ

銀行カードローンといっても、様々な金利体系があるのをご存知でしょうか?銀行カードローンには大きく分けて3つ、限度額のとしてポピュラーな200万円設定の金利で、a.消費者金融と殆ど変らない金利設定 b.平均的な金利設定 c.業界トップ水準の金利設定にわけられます。

a.消費者金融と殆ど変らない金利設定は概ね限度額200万円の金利設定が13%~15%で設定されている銀行カードローンです。15%は利息制限法いっぱいですから、銀行カードローンとしては高いですね。代表的なカードローンに楽天銀行などがあげられます。

b.平均的な金利設定は概ね9%~11%位の10%付近の金利設定の銀行カードローンを言います。代表的なカードローンに三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行バンクイックが挙げられます。

c.業界トップ水準の金利設定は8%以下の安い金利設定をいいます。中には5%に近い金利もあり、目的別ローン並みの金利を設定しているところもあります。代表的なカードローンに住信SBIネット銀行 プレミアムコースやみずほ銀行カードローンが挙げられます。

金利が安い方がいい銀行カードローンかというとそうではありません。金利の安さは保証会社への保証料の低下につながり、結果審査が厳しくなります。それぞれの状況に合わせ、銀行カードローンを使い分けるといいでしょう。

キャッシングをする前にまず比較してみよう

急にお金が入用になった、お給料日までちょっと足りない

なんていう時に頼りになるのがキャッシングです。

しかし、キャッシングといっても、金融機関はたくさんあって、

それぞれ資格や上限金額、利息などが異なります。

少額であっても、キャッシングするということはお金を借りることなので、

安易にキャッシングをするのではなく、まずはネットを活用して比較をして見ましょう。

キャッシングの金融機関を比較するのはとても簡単。

「キャッシング」「比較」というキーワードで検索すると様々な比較サイトが出てきます。

どんなことで比較するのかといえば、

①限度額、②審査日数、③振込みまでの時間、④借入/返済方法、⑤金融機関などになります。

その他、利用する目的によって、

①即日振込の可不可、②収入証明の必要の有無、③利息の有無、④女性向け

などから検索して比較することなどもできます。

最近ではネット申し込みで振込みまでを済ませることのできる金融機関や

即日振込をしてくれる金融機関などサービスの幅が広くなっています。

ただし、条件が難しくなく借りやすい金融機関の場合、

高い利息であったり、簡単なだけに借り過ぎてしまうというケースも少なくありません。

キャッシングの金融機関を比較する際には、

自分にとってあまりにも条件が良過ぎないかなど疑うくらいの気持ちになって、

安心して利用できる信用できる機関を探して、利用する様にしましょう。

キャッシング 本人確認と在籍確認

キャッシングをする際に気になることのひとつが本人確認だと思います。

家に電話がかかってくるのか、職場に電話がかかってくるのか、どちらにしても借金をするという点で世間体が気になる方は多いでしょう。

ここでは、私が実際に三社のキャッシングをして体験した本人確認について、そのうちのひとつを紹介したいと思います。

アコムの場合

CMでもお馴染み、アコムでの審査と本人確認についてです。

初めてのアコムというフレーズの通り、キャッシング経験のない人にとってアコムの審査は比較的寛大と言えるでしょう。フリーターや主婦、学生でもアルバイトまたはパートとして働き安定した収入があればほとんどの人が審査に通ります。

問題は本人確認です。アコムの場合、家庭への本人確認をすることはほとんどありませんが、職場への在籍確認の電話が必須となります。ですが安心してください。在籍確認する場合、アコムという会社名は言いません。というより言ってはいけない決まりなのです。したがってアコムでは電話での在籍確認をする際にオペレーターが「◯◯という者ですが、◯◯様はいらっしゃいますか?」といった感じで個人から個人への電話として処理してくれます。この時に本人が職場にいるいないに関わらず、その職場に勤めていることがわかれば在籍確認が終了するので、あの人キャッシングをしているという事実が周囲にバレにくいです。また、この方法はクレジットカードの在籍確認と同じ方法なので、もしキャッシングをしているとバレそうになった場合はクレジットカードの審査をしてもらっているという嘘の口実もできます。

それでも、キャッシングの在籍確認に抵抗がある人はいるでしょう。その場合アコムでは本人が職場で社会保険に入っている場合、保険証を提出することで在籍確認が終了となります。この方法なら家庭にも職場にもバレることなく審査が終了して無事にお金を借りることができます。借入限度額が10万程度の低額の融資ならこの方法でほぼ間違いなく大丈夫でしょう。

しかしながら、多額の借入の場合は電話での在籍確認が避けられない場合がほとんどです。そして、借入限度額に関係なく電話がかかってくる時間帯を細かく指定することはできません。「営業時間が10~19時なのでその時間に電話してください。」といった要望なら応えてくれますが、「12~13時の間に電話してください。」という細かい要望には応えてくれないのです。つまり、自分が必ず電話を取れる時間に電話をかけてもらうということはできないのです。

キャッシングの際に電話が職場にかかってくることが避けられない場合は直属の上司等にきちんと話を通しておかないと、キャッシングのせいで職場に居づらくなることもあり得るのでその点は充分に注意しましょう。

カードローン会社を活用することは

カードローン業者というのは、いくつもあります。カードローン会社をよく探して、どこからカードを発行してもらうのか、ということをよくよく考えた方が良いでしょう。では、どのようなことを比較するべきなのか、ということになりますが、それが金利になります。

つまりは、いくらの金利で貸してくれるのか、利息はどの程度になるのか、ということを知るべきなのです。それこそがまさに比較するべきところであるといえるでしょう。カードローン会社の審査というのは色々とありますがとにかくまずは発行してもらうことができるのか、という点もポイントもあります。

どんなに金利が安いからといって発行してくれないのであれば意味がないわけです。その点から考える人もいます。つまりは、少しでも審査のハードルが低いところにして、とりあえずカードが欲しい、借りることができるようにしたほうがよいと考える人もいますし、それはそれでありな考え方になります。

どこに重きを置くのか、ということがその人によって違うのは確かでしょう。カードローン業者は沢山ありますから、やはりしっかりと比較するとよいでしょう。少しでも条件が良いところがあればそこに発行してもらうとよいです。

地震などの場合、仕事がなく借入することに

日本は地震大国ですが、自分自身が地震を目の当たりにした時の体験談です。

自分のところの地震の被害はかなり大きく、マンションなど倒壊はしなかったですが、かなりヒビ割れなどが出来ていました。

地震の時は仕事をしており、棚などが倒れメチャクチャになり、かなり怖かったです。

それから仕事は中断になり、全員で一旦避難し地震がおさまったところで会社に戻り後片付けをしました。

社長から次の日の予定などが発表され、社員以外は当分自宅待機ということになりました。

その時はそれが妥当だろと思ったのですが、考えてみるとアルバイトなので給料をもらえない現実があったのです。

先々のことが心配になり、いつ仕事に復帰できるかも分からなかったので、はじめてキャッシングの申込をしました。

何があるか分からないのでお金を借りれるようにしておかないとと思ったからです。

やはり仕事は1ヵ月くらい出勤できなく、キャッシングの申込をしていて正解でした。

自動契約機で申し込む時に必ず持参するもの

消費者金融に申し込む時は自動契約機で申し込みますが、自動契約機で申し込む時に必ず持参しなければいけないものがあります。もし忘れてしまうと申し込みをする事が出来ませんので注意が必要です。

まず必ず必要なのでが本人確認証明書です。本人確認証明書として利用出来るのは運転免許証、健康保険証、パスポートです。主に運転免許証にする人が多いですが、運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートで本人確認証明書として提出します。しかし業者によっては運転免許証以外は適用外になってしまう場合もあるので、申し込む前にその業者はどうなのかをしっかり確認しておく必要があります。

希望借入額は人それぞれ違いますが50万円を超える場合だと本人確認証明書の他に収入証明書が必要となってきます。収入証明書として利用出来るのは源泉徴収票、確定申告書、最新2ヶ月分の給与明細書です。希望借入額が50万円を超える場合は必ず用意しておきましょう。

自動契約機で申し込む人はすぐにお金を借りたい人なので即日融資に対応してくれる事を望んでいます。そのため必要書類の忘れてしまうと申し込む事が出来なくなるので自動契約機に出向く前に本人確認証明書と収入証明書を持ったか確認しておきましょう。